惣菜の健康投資家を目指すブログ

投資とトレーニングを日本に浸透させる!!!

3810サイバーステップについて

決算をチェックしてて思ったんですが、利益は上がってても売り上げが上がっている銘柄ってあまりなくて、ちょっと市場の好転がなかなか難しいのかなーと不安に思っております。

生産性改革ってのはどこの会社も危機感を持っているので一気に進んできた感覚はあります。
ただ残業代減らしただけで生産性改革とか言ってる会社もあるので成果が出ているのかは多少疑問が残ります。

一番わかりやすいのはペッパーフードサービスみたいな一気に売り上げ拡大をして利益も出した会社みたいなの。あのお祭りに乗れた人はかなりの資産を築いたわけです。
となると大化け株を探すに当たって売り上げが増えてる会社探して行くしかないのかなぁと思うわけで・・・

と言うわけでちょっと気にかかったサイバーステップを調べてみようと思いました。

昔ひと相場築いた銘柄で、オンラインクレーンゲームっていうオリジナリティーのあるビジネスなので注目度が高い銘柄です。

が、社長に多少クセがあって、先日煽りも入り結局決算でポシャって荒れた銘柄ですw

基本的に人気化して人がいっぱいいる銘柄はデイで稼ぐんですけど、ひと騒ぎ去って決算見てると数字も出てるのでいつかまた化けるんじゃないかって思う節もあります。

ハイプサイクルと言う言葉がありまして、チャート形状から見ても回復期あたりにいるのかなぁと言う気もしています。遠隔クレーンゲームがテクノロジーと言えるのかはともかくとしてw
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

と言うわけでまとめておきます。

さて、まず業績から。
売り上げ面から見ていきましょうかね。
先日2Qが発表されました。

それによると、前年同期比で売り上げが30億から52億に75%ほど伸びています。これはなかなか見れない数値です。

昨年2018年4月(ここを基準点とします)から増台していて、当時670台でしたが、今2月8日時点では1270台ですので、90%増台しています。
投資分に対してちゃんとリターンを得られているようには見えます。

プレイ中となっている台数は当時一日100台ほどの稼働に対し、現在は約140台が稼働。待機は200台から300台に増加しています。

人気ある台があり、それについては争奪戦が起こっているんでしょうかね?

このゲーム自体app storeで評判を見ると、評価はかなり低い。ただレビューを見るとアームがガバガバとかクレジットカード登録が必須とかそういう内容が多い。

アームがガバガバなのはクレーンゲームとしては避けられないので何ともw

文句の多さの割には何だかんだ稼働しているのでそこまでネガティブに捉えなくても良いのかもしれないですね。

今期中にはさらに増台し、1800台を設置するようです。

海外展開も目指しているようです。まあこれはどうなるかわかりません。ラウンドワンとかアメリカで伸びたところ考えるとイケるかもしれませんね。
結構日本独自の文化として紹介されます。
https://www.youtube.com/watch?v=W1r4xxvO41k

あとトレバが海外のユーチューバーに紹介されたりしてますね。
https://www.youtube.com/watch?v=LI_QoXl9TS0
https://www.youtube.com/watch?v=NHF5gp85hB4
外人の方が楽しんでくれそうな感じしますねw
売り上げ面でそこまで懸念することはないかもしれません。

ただ送料などコスト面で心配です。
ということで損益について調べます。

営業利益が赤字に転落しています。

当然ですが、クレーンゲームで商品とったら補充しないといけないし、故障もなおさないといけないし、人が要ります。
というわけで売り上げは増えているんですが、営業損益が激減しています。

詳しく見て見ましょう。
これが前年度と今年度の1Qの比較です。

販管費が1.1億から2億に倍増しています。これは増台分の比率に近いので、人件費と減価償却費が倍増しているからと考えます。
また、売り上げ原価率も15%から20%に悪化しています。原因はわかりませんが、人件費や運送費で仕入れ原価が上がっているのかもしれません。
SKジャパンの売り上げが上がっているのは関係があるのかもしれませんね。

次に2Qを比較します。

原価率は高いまま、かつ販管費も引き続き2億以上増えています。
売上高における販管費が77%から82%に上がっています。
売上原価の上昇と合わせると売り上げの1割が何らかの理由によるコスト増により利益が削られていると考えることができます。
が、コスト増がなければ5億近い営業利益を出せる能力はあると考えることができます。

ただし、それは人不足や素材価格上昇などマクロ経済的な影響があるので何とも難しいです・・・規模は拡大してるので規模の効率性でコスト改善もあり得ますが。

売り上げについては好調なのでコスト面の改善が望まれますね。

具体的な改善点としては・・・
稼働率については10%くらいで待機が増えているのだから商品厳選したりとか、
運送屋と提携してロジスティクス改善したりとか、
人を集約して業務効率化するとか、
事業切るとかやれば利益は出ますね。

事業を切るという意味では、以下の事業については全く何がしたいかわからないので、余計なコストと人材を割かないでトレバに集中して欲しいと思ってます。セグメント情報がないのですが赤字でしょう。

スマホゲーについて
会社のスタンスとしてたくさんスマホゲー出してますね。最近だと暁のブレイカーズとか言うゲーム出したりしていますが、5chの反応も悪くサービスはそのうち終了するでしょう。
ゲットアンプドも今の所コケてますしね。エクストリームみたいに版権使わせて作ってもらえばよかったね・・・
たくさんやるのはいいんですが、スマホゲーは下火だしコスパ悪いので選択と集中をして欲しいものです。
多角化に失敗しているように思います。

・子会社について
ECライフコーポレーションという会社を買収してます。フツーのEサイトやってる小さい会社です。
「ミレバ」とか言うECサイトにARとロボット組み合わせたみたいなもの作るって言って、それの助けにするために買収したらしいです。意味がわかりません()
回転させて見られるECサイトで儲かるんですか?普通のECサイト作ってる会社に何のノウハウがあるんですか?全く意味がわかりません(2回目)
触って見たけど回転するの遅すぎです。一周回すより前にアンインストールしましたよ。全く意味がわかりません(3回目)
https://www.atpress.ne.jp/news/150980

あと社長が株を売っていますね。何に使うのか知りませんが以下の通りです。
30年1月15日
社長。みずほへの貸株300000株を終了。
30年1月18日・21日
社長。保有株300000株(4億くらい)の売却。
家でも建てるんですかね?w
どっかの社長みたいに月とか行かずにちゃんとしたことに使ってくれてたらいいですが・・・

まとめ。
売り上げは良く、投資した分はちゃんと成果が出ています。
あとはコスト面の改善が課題。
そうすれば比例的に利益が加速する段階に入って海外展開も順調に行けばまた2、3倍以上に大化けもあり得る。

営業利益率1割以上出せる潜在能力はあるので、そこまでうまくマネジメント出来れば…

こんなところでしょうか。
外部コンサルとか入れたらいいのにね。

以上。