惣菜の健康投資家を目指すブログ

投資とトレーニングを日本に浸透させる!!!

保険の基礎知識

先日保険不要論について物申した記事がバズりまして、非常に多くの方に読んでいただけました。
保険が不要だと世間で騒がれていることに苛立ちを隠せずつい長文となってしまいましたw
 
記事でも触れましたが、保険は安心を買う商品ですので、「安心を買えるかどうか」が考えるべきキモなのであって、得をするか損をするかという観点で論じるものではないのです。
 
今は超低金利で恩恵が少ない(お金増えにくい)ですが、金利が上がればお金が安全に増えてくれる仕組みもありますので、「保険は要らない!」と言って切り捨ててしまうので損だと断言できます。
 
各保険の解説や保険業界ネタを今後書いていこうと思いますが、「保険」というのはリスクとセットなのでリスクの数だけ商品があります。
 
まずはどんな商品があるのか、どんなリスクをカバーできるのかを知ってもらうことが大事かと思っています。
 
ということで今回は
「保険の種類」
をご紹介します。
 
 

保険の種類

日本人貯金好きって言われてますよね。そもそもなんで貯めるんでしょうか?
 
「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、以下がトップ3の理由です。
  1. 老後の生活資金
  2. 病気・不時の災害への備え
  3. 子供への教育資金
生活資金であったり、万が一に備えたり、次世代に備えたりといろいろな目的があります。
 
それぞれに対して備える保険商品がありますが、その保険は大きく分けると3種類に分けることができます。
 

第1分野

人の生死に関して保険金が支払われる保険です。
いわゆる「生命保険」です。
定期保険、終身保険、学資保険などがあります。
 
残された家族のためにお金を残してあげたいニーズに応えることができます。
一番知られているのは定期保険でしょう。
一定の年齢までに亡くなってしまった場合や重度後遺障害のある状況になった場合に保険金を受け取れるような保険です。
保険期間を伸ばすことで法人が退職慰労金にしたりするケースもあります。
 
あと知名度の高いのは「子供に負担をかけたくないから」と葬式代として残すケースや、病気で亡くなってしまった場合にはかかった医療費を補填するために入っておく終身保険でしょう。
 
ちなみに子供のために入る学資保険は少し特殊な仕組みになっています。
お子さんのために積み立てていくのですが、親が亡くなった場合に以降の保険料を払わなくてよくなる場合があります(連生保険といいます)。意外と知らない人多いんじゃないかな?
 
「お金貯めておけばいいじゃん」って意見もありますが、人の考えというのはそれぞれで、リスクを徹底的に嫌う人もいます。
仮に60歳から年間10万円ずつ貯蓄して80歳で死ぬ予定で200万円貯めるとした場合、貯めている途中で亡くなるリスクはあるわけです。
 
投資による複利運用もあくまで健康で長生きする前提です。
健康って大事なんですよ本当に。
運動しような?(誘導)

第2分野

事故による損害について保険金が支払われる保険です。
自動車保険、火災保険、賠償責任保険などですね。
いわゆる「損害保険」です。
 
保険不要論を唱えるインフルエンサー達もこれは流石に必要だとYoutubeで動画にしてますね。そして保険の比較サイト(アフィ付き)を貼ってましたうまいことやりやがって。
 
車を持っている方なら馴染みのある自動車保険については必ず入っておくべきでしょう。
自動車保険は任意保険ですが自賠責保険(強制加入)で払える額には限度があります。
 
また、自賠責保険は事故にあった相手に対する保障なので、自分が怪我した時には時には保障はありません。マストで加入すべきと思ってます。
 
この辺知らないと人生が台無しになる(自分も事故の相手も)可能性があるので早めに書きます。 
 

第3分野

生命保険と損害保険の中間に位置する保険です。
医療保険、がん保険、介護保険、傷害保険などです。
 
時代やニーズに合わせてよく変わります。
エーザイで話題になったアルツハイマーでいえば認知症保険ってのもありますね。
 
医療保険もよく変わります。
 
医療保険不要だって主張する人の記事見ていると
「最近は入院日数も短くなってる!そんなに入院しないんだから日額○千円だと保険会社全然払わなくていい!!騙されてる!」
って書いてるのを見てまたイライラしましたw
 
最近は一時金での支払いを行う保険商品が増えています。
あくまでも例ですが、医療保険というのは「手術したら5万円」、「入院したら5万円」に加えて「日額✖️入院日数」、のように条件分けされてるんですけど、最近のは入院したら「最初に20万円払います!」みたいな感じですね。
 
割と柔軟なのが第3分野です。
 

まとめ

大きく分けると以上のようになります。
 
保険会社はたくさん医者を抱えていますし、業界のトレンドやニーズは常に仕入れながら商品を作っています。
必要とされる保険を作っておりますので、簡単に保険は不要とか言わないでいただきたいです。(ドヤァ)
Twitterにはお医者様もたくさんいますが知り合いだったら嫌だなぁw臨床っぽい方が多いから大丈夫かなw
 
次は自動車保険の話をしようかと思います。急いで書きますね。
 

この記事が参考になったら下のリンクからお買い物してくれたら嬉しいです。

(ちょっとお小遣いが入ってやる気が出ます)

おしまい。
今まで紹介したもの